市販品は洗浄力が強すぎる!

有名な市販シャンプーの多くには、洗浄成分としてラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naが入っています。
名前が似ていますが、両方とも石油から作られる界面活性剤です。汚れを吸着して落とす力が強いためよくシャンプーに使われます。シャンプーの泡立ちは、この成分によるものです。

 

現在の主流はラウレス硫酸Naの方で、こちらはラウリル硫酸Naよりも分子が大きいため浸透性が低く、刺激が少ないのが特徴です。
成分表をじっくり見る方は少ないと思いますが、有名メーカーの商品でもかなり使われていますので、馴染みはなくても利用している人は多い成分です。

 

さて、この2つの成分は効果の割に原価が安いために多くのメーカーが採用しています。
ところが、特にオーガニック系の商品を好む方からは目の敵にされている成分でもあります。そのもっとも大きな理由は、洗浄力が強すぎて身体にとって毒となると考えられているからです。

 

実際に、長期間使用して毒になるか、身体に問題が出るのかどうかははっきりとした研究結果もないため分かりません。
ただ、あまりに洗浄力が強すぎ、皮脂を根こそぎ奪い取ってしまうことから、頭皮にとってよくないものであるのは事実です。

 

なぜなら、本来頭皮に必要な分まで除去してしまうからです。
完全になくなってしまえば身体は急いで皮脂を補充しようとします。シャンプーは毎日の行動ですから、徐々に皮脂をたくさん出す習慣がついてしまい、結果的に常に皮脂が多く、べとついたり、臭いやすい頭皮になってしまうのです。

マイルドな洗浄力こそ頭皮の臭い対策に有効なシャンプー

頭皮の臭いを避けるには、肌を守るバリア機能を残しつつ、同時に古くなった皮脂だけを除去することです。
つまり、市販品のように根こそぎ奪い、乾燥しやすい頭皮を作るのではなく、余分な皮脂だけを除去してくれるシャンプーがいいのです。

 

このような希望に応えてくれるのが、アミノ酸系シャンプーと呼ばれる商品です。
最大の特徴は、必要以上に皮脂を落とさず、頭皮が乾燥しにくい点です。

 

皮脂が最低限残っていれば、皮脂が過剰に出てくるのを防げますので、結果的に臭いも減るというわけです。
インターネット上には多くの情報がありますが、その中には薄毛対策、抜け毛対策として紹介される例もあります。

 

これは刺激の弱さによって頭皮環境が改善することで、結果的に頭皮の健康が戻り、髪の毛にまで栄養が行き渡るようになったものです。
別に育毛効果があるというわけではなく、頭皮が清潔で、健康な状態にあることの証です。

 

といったわけで、頭皮の臭い対策にはアミノ酸系シャンプーが有効です。
本サイトでもいくつかご紹介していますので、参考にしてみてください。