なぜ頭皮から臭いが発生するの?

毎日しっかり髪をっているのに頭が臭くなる……
こんな風に悩んでいる方は意外に多いようです。

 

頭の臭いは、主に頭皮から発生するものです。
頭皮は髪の地肌とも呼ばれるように、お肌です。

 

人の肌からは、年齢や肌の状態・体調などに応じ、様々な体臭が発生します。
その中でも若い方や健康な方でも発生する体臭が、身体から出る古い角質(垢)や汗、皮脂などを餌に、雑菌が繁殖する際に起こる臭いです。

 

雑菌は、皮膚常在菌と呼ばれ、誰の身体にも存在します。
この雑菌が皮脂や角質を分解する際に悪臭を発生させますが、原因物質が違うため臭いも違います。

 

主に汗臭いだとか、加齢臭やミドル脂臭だとか名前がついた体臭が挙げられますが、本質的には全て雑菌によるものです。

悪玉菌が優勢になる理由

雑菌の中でも、いわゆる悪玉菌と呼ばれるものがあります。
善玉菌が優性であれば臭いもそれほど気になりませんが、何らかの事情で悪玉菌が優性になると強い悪臭が発生するのです。

 

悪玉菌が優勢になるのは、悪玉菌の餌が豊富で繁殖しやすい環境があるためです。
例えば、夏場など汗をかきやすい状態だったり、靴の中など温度と湿度が高い環境が用意されるなど、餌と環境が揃うと悪臭が起きやすくなります。

 

さて、頭皮から臭いが発生している場合、もっとも大きな原因は何らかの事情により皮脂が過剰になっているケースです。
皮脂は、肌を守るバリア機能です。皮脂が多いのは、強くバリア機能が働いているためです。

 

ですから、皮脂が出てくる根本的な理由を探し、その状態を改善しないことには皮脂は止まらず、雑菌も繁殖しやすく、そして臭いも止まりません。

皮脂が多く出る理由

皮脂が多く出る理由の一つは、強い刺激が頭皮に加わっていることです。
肌への刺激となるものは多数ありますが、例えば頭皮の乾燥、強い紫外線にさらされていること、頭皮が傷ついていることなどが考えられます。

 

この場合、頭皮から水分が蒸発しやすくなっているため、肌の乾燥を防ごうと皮脂の膜で水分の蒸発を防ぎます。このため、皮脂量が増えることになります。

 

また、大気中の汚れが髪についたり、シャンプー成分が頭皮に残ったままなど、刺激物質が頭皮についている場合もあります。
この場合も、肌の刺激を和らげようと皮脂が多く出て、バリア機能を活発に働かせます。

 

このように刺激、紫外線、乾燥などを防ごうと皮脂がたくさん出て、その皮脂を雑菌が分解する。この2つの段階によって頭皮が臭くなるのです。

 

つまり、皮脂が過剰に出る理由を解決し、適切な皮脂量にコントロールする。
これが頭皮の臭い対策の最初の一歩になるのです。